いつまで傍観者でいるのですか?

心の引きこもりから脱出しよう

クレジットカードと金融系のキャッシングの違いについて

どうしても急に現金が必要になった時、キャッシングサービスを利用することを選択肢に入れる場合があるかもしれません。手軽にいち早くお金を調達できる便利なサービスだからです。

キャッシングには大きく分けて、クレジットカードを利用するものと、銀行や消費者金融などの金融機関から借り入れるものの2種類があります。

銀行や消費者金融からキャッシングを受ける場合、最初は審査がありますが、その後はATMやキャッシュディスペンサーなどで気軽に現金を引き出すことができます。

クレジットカードでキャッシングを受ける場合は、カードを手にしている時点で審査は通っていると言えますので、キャッシング枠内であればすぐにでも現金を引き出すことができます。
こうした点では、クレジットカードの方が気軽にすぐにキャッシングサービスを使えるとも言えます。

クレジットカードキャッシングのデメリットとしては、金利が18%前後と高めに設定されていることがあげられます。この利率は、すぐに一括で返済できれば大きな問題ではないかもしれませんが、リボ払いや長期に渡ってキャッシングを利用する場合は大変な損をすることになります。その点、銀行や消費者金融のキャッシングは比較的金利が低く抑えられるという利点があります。

クレジットカード、金融系カードのいずれにしても、キャッシングは借金であり、借金は必ず利子を付けて返さなければならないという事実をよく考えて計画的に利用する必要があります。

This entry was posted on 木曜日, 7月 20th, 2017 at 11:21 PM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply





XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>