いつまで傍観者でいるのですか?

心の引きこもりから脱出しよう

キャッシングの審査における居住形態と居住年数

金融機関のキャッシングやカードローンに申し込む際には、住所や氏名などの情報の他に、収入状況や勤務状況、それに居住形態などの情報も申告する必要があります。各社が用意している申し込みページなどの入力欄に従って必要事項を入力していくわけですが、これらの情報は審査に影響を与える部分でもあるのです。

例えば、意外に大きな影響を与えてしまう項目の一つだと言われているのが居住形態や居住年数です。一般的にはやはり持ち家に住んでいる方の方がキャッシングの審査に通りやすい傾向があります。賃貸住宅の方でも、居住年数がある程度長ければ審査結果に悪影響を及ぼすことが少ないです。反対に引越して来たばかりの状況でキャッシングに申し込みをした場合、審査で落とされてしまう可能性も出てきます。

理由のある引っ越しの場合でも、居住年数が少ない申し込み者は信用が少ないと受け止められてしまいます。1年ほどの居住年数がある方なら問題ないでしょうが、まだ居住期間が短い方がキャッシングを申し込む場合には注意しましょう。

http://www.raid2011.org/

 

This entry was posted on 水曜日, 6月 11th, 2014 at 6:29 PM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply





XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>